メイフェア


今月の新作お菓子、人気の定番お菓子

●おすすめテイクアウト


●今月の特別デザートは「ロイヤルミルクティーのパフェ」(864円)です。
今月のパフェ

メイフェアの定番メニューはこちら
フェルマータカフェの情報はこちら



もはや“タルト工房”? 人気の「まあるいタルト」


4号(直径12cm)の「まあるいタルト」はもう召し上がりましたか?

クッキー工房メイフェアの自信作です。

新潟市でも通販でもタルトをどうぞ

もはや“タルト工房”と名乗ったほうがいいかな、と思うくらい、タルトに力を入れています。

「大切な人に食べさせたい」というコンセプトは以前からずっと守り続け、体に優しくて可愛らしいタルトを、一台ずつ丁寧に作っています。

新潟市にいらしたら、メイフェアのタルトをぜひお召し上がりください。

タルトのお取り寄せ(通販)はこちらからどうぞ。



紅茶に合うお菓子、スコーンのビスコッティ


メイフェアは英国紅茶専門サロンなので、紅茶に合うお菓子を作りました。

紅茶といえば、スコーン。そのスコーンを使ってビスコッティを作ったら、とってもイイんです。

スコーンのビスコッティだから、「ビスコーンティ」と名付けました。

紅茶に合うビスコッティ「ビスコーンティ」
(紅茶に合うお菓子、スコーンのビスコッティ)

普通のビスコッティ(カントッチョ)の「とにかく固い」「ガリガリ硬いかたまり」という印象が、ビスコーンティを召し上がったらきっと変わると思います。

特にミルクティーに合いますよ。

ビスコーンティは通販でも手に入ります。こちらからどうぞ。



メールが届いたら、メイフェアで会いましょう


●Q. どんなニュースを知らせてくれるの?


メイフェアとフェルマータ(姉妹店)に関することなら、何でもお知らせします。

例えば、次のような話が届くかもしれません。

◆ 「オ・ソレ・ミオ」を至近距離で聴いてみたい方へ
◆ カシューナッツを生で食べてみた(結果報告)
◆ 紅茶に含まれる「美人物質」とは
◆ 良い声で話せるモテ声講座!?
◆ ホットチョコレートが完成したよ
◆ メイフェアで講師をしませんか?
◆ 音楽発表会で演奏したい人、集まれ~
◆ アフタヌーンティーの正式な食べ方
◆ ウェブサイトのコラムに怖い話を書きました
◆ キッズ発声レッスンやるよ~親子で来てね
◆ 特別に濃いホットチョコレートが欲しい方はいますか?
◆ 言語学者が教える「日本語の母音を美しく発音するコツ」
◆ 共鳴発声法で話してみたら彼が……
◆ スコーンにクロテッドクリームを塗る手順
◆ テノール齋藤はダージリンにアレを入れる
◆ ドレスコードは「トナカイ」で
◆ なぜこのハヤシライスは懐かしい味がするのか(教えて店長)
◆ 玄米に慣れていない方はこちら
◆ ローズマリーのクッキーの通販


登録方法は簡単です。


a@mf07.com」宛に空メール(タイトルも本文もないメール)を送るだけ。すぐに返信があれば登録成功です。

こちらのページからも登録できます。解除も簡単(d@mf07.comに空メール)なので、お気軽にご登録ください。

※ニュースレターは「salon@mf07.com」というアドレスから届きますので、受信できるように設定をお願いします。



◆本格的なアフタヌーンティーが楽しめる


本格的なアフタヌーンティーが楽しめる紅茶サロンが、英国紅茶サロン「メイフェア」です。

メイフェアのアフタヌーンティーは、ケーキスタンドでご提供する、実に優雅なスタイル。

非日常の豊かなひとときをお楽しみいただけます。

アフタヌーンティーは18世紀に英国貴族が始めた習慣で、淑女たちの社交の場として誕生しました。

アフタヌーンティーは、「ティー」という呼び方から「日本でいう〈おやつ〉のようなもの」と誤解されることがありますが、「ティー」はすなわち「食事」と解釈するほうがアフタヌーンティーを正確に理解することができるでしょう。

アフタヌーンティーセット

アフタヌーンティーの誕生は淑女たちの社交タイムでしたが、その後の英国で定着したのは、別の理由があります。

英国では、その長く充実した歴史と文化ゆえに、夜に家族や友人とオペラやコンサートを楽しむ習慣が根付いています。

観劇が終わるのが夜の9時以降ともなれば、その後の夕食まで長時間にわたって空腹に耐えなければなりません。

そこで、アフタヌーンティー。夕方の早い時間にある程度しっかりした食事をとって、観劇中にお腹がグーグーなるのを防止したわけです。

オペラを見に行く文化があるからこそアフタヌーンティーの習慣が定着したとは、さすがに文化レベルの高い英国ならではといえるでしょう。

メイフェアには、イタリアの古典歌曲が流れています。アフタヌーンティーを召し上がりながら、すばらしい音楽に浸り、ゆったりとおくつろぎください。

そうそう、夏には「浴衣でアフタヌーンティー」も素敵ですよ。