トラ猫のような、とら(虎)クッキー、節分に配ると喜ばれそう

●鬼の旅行に虎も同伴

先日お知らせしたとおり、これから節分まで、「鬼の旅行セット」(節分クッキーセット)をご用意しています。

旅行セットといっても、鬼なので荷物は虎革パンツのみですが……

そんな節分シリーズに、「とらクッキー」が加わりました。

それがこちら。

虎というより、可愛らしいトラ猫ちゃんクッキーみたい。

節分に配ったら、大人も子供も大喜びでしょうね。

模様は、かぼちゃクッキー生地とココアクッキー生地を混ぜて作りました。

2頭で200円(+税)、節分までというより、「今あるだけ」限定クッキーです。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
新潟市にいらしたらスコーンを召し上がれ
Tel 025-211-7007

新潟ガラコンサートで演奏する演奏者を募集しています(だいしホール)

●第5回新潟ガラコンサート、あと2枠あります

クラシック音楽の祭典「新潟ガラコンサート」で、次回の出演者を募集しています。

2020年4月25日(土)、会場は音響が最高にすばらしい「だいしホール」です。

お申込みはこちらから
   ↓
https://mf07.com/gala_concert.html (新潟ガラコンサート)

新潟ガラコンサートの出演資格は「新潟にゆかりのある音楽愛好家」。

新潟に現在お住まいの方だけでなく、親戚が新潟にいらっしゃる方や、かつて新潟に住んだことのある方、お仕事で時々来県なさる方も、新潟にゆかりのある方です。

「メイフェアで時々アフタヌーンティーを楽しむ」方だって、新潟にゆかりのある方といえるでしょう。

・プロ、アマ問わずクラシック音楽の演奏家、愛好家
・県内で演奏活動をしている
・演奏を聴いてもらう場を増やしたい
・教室の発表会以外に、もっと広く演奏を披露したい
・音響の良いコンサートホールを独り占めして演奏してみたい

こんな方にオススメのステージです。

リハーサル時間を含め時間的な都合から、出場者数には上限があるので、お早めにお申込みください。

残りはあと2枠ほどです。

詳しい説明はこちらのページにあります。
   ↓
https://mf07.com/gala_concert.html (新潟ガラコンサート)

同じページの下部にあるフォームからお申込みもできます。

曲目や伴奏者が決まっていない場合は、先に枠を押さえておいて、正式に決まってから同じフォームで再送いただけば結構です。

それでは、地域の皆さまに素敵なステージを披露しましょう。

まだ曲目を最終確定していない方は、とりあえず適当な曲名や伴奏者名を(あるいは「未定」と)入力しておいて、あとからいくらでも変更してくださって結構です。

日時:2020年4月25日(土)13:00開演
会場:だいしホール(第四銀行本店内)
   新潟市中央区東堀前通7-1071-1
料金:1枠10000円、詳細は https://mf07.com/gala_concert.html
主催:新潟ガラコンサート実行委員会
   951-8113 新潟市中央区寄居町343-38
   Tel/Fax 025-211-7007
後援:(社)日本発声協会、英国紅茶サロンメイフェア

第4回新潟ガラコンサート( 2019年 )の様子

【フォームへの入力項目】
●お名前:
●メール:
●電話:
●楽器(ピアノ、声楽など):
●曲目(作曲者名までお願いします):
●伴奏者名:

ページが開けなかったり、フォームが動かなかったりした場合は、メールで以上6項目をお送りください。

【新潟ガラコンサートとは】

新潟ガラコンサートは、地域の文化・芸術の振興を目的とするクラシックコンサートです。
新潟に在住の、あるいは新潟にゆかりのある音楽愛好家(プロ、アマを問わず)が出演するガラコンサートで、クラシック音楽に気軽に触れる機会を地域のみなさまに提供できればとの思いから、入場無料の当コンサートが始まりました。

【プログラム例】(過去の演奏曲の一部です)
・E.de クルティス作曲『忘れな草』
・ドニゼッティ作曲 歌劇アンナボレーナより『私の生まれたあのお城』
・E.di カプア作曲『私の太陽』
・S. ラフマニノフ作曲『ヴォカリーズ』
・グルック作曲『ああ私の熱情の』
・ドビュッシー作曲『月の光』
・ヘンデル作曲『オンブラ・マイ・フ』
・S. ローザ作曲『近くにいることは』
・ヴィヴァルディ作曲『まことの安らぎはこの世にはなく』……

【当日の入場は無料です】
会場費を含む運営費用をすべて有志出演者が負担することで、入場無料のコンサートを実現しています。
出演者は、プロの演奏家から音楽教室の先生、クラシック音楽愛好家まで、さまざまです。
「クラシック音楽を県民が気軽に楽しむ新潟」として盛り上げていただけたらと願っています。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
新潟市にいらしたらスコーンを召し上がれ
Tel 025-211-7007

シチューランチ

●シチューランチは2種類

メイフェアのシチューランチは、スコーンか玄米ご飯からお好きなほうをお選びいただけます。

こちらが玄米ご飯のほう。

こちらがスコーン。

その日の気分で選べるのがうれしい。

私はたいてい玄米ご飯ですが、妙にスコーンがほしくなることがあります。

スコーンの食べ方を覚えると、時おりスコーン衝動が起こりますね。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
新潟市にいらしたらスコーンを召し上がれ
Tel 025-211-7007

今日のウクレレ教室(声のサロン)

●ウクレレ弾き歌い

明日はフェルマータで声のサロン平日コースの日なので、予習としてウクレレ弾き歌いの練習でもしましょう。

ウクレレ入門検定8級は、「Stille Nacht」のソロ演奏ですね。

つまりウクレレのみの演奏です。

ウクレレのような小さな楽器を持って練習していると、どうしても前かがみになって体が縮こまりがちです。

そうなると、良い声は出にくいですね。

そこで、「Stille Nacht」のソロ練習中に、時々「Stille Nachtの弾き歌い」も練習してみてください。

ストロークのみで軽く弾き歌いするわけです。

コードはCとFとG7だけ、しかもストロークで掻き鳴らすだけなら、発声に集中してしっかり声を出すことができますね。

今日のウクレレ教室でした。

※声のサロンは、良い声で話せるようになるボイストレーニング話し方教室(新潟市)です。

日本発声協会が認定する話し方発声法の基本、共鳴発声法が学べます。

ウクレレタイムはまるでウクレレ教室のような楽しさです。

平日コースと週末コースがあり、フェルマータを会場に月2回ずつ開催されています。

新規に受講をご希望の方は、事務局(メイフェア)までお電話(025-211-7007)ください。

詳しくはこちらから。
   ↓
https://kotoba-strategy.com/ (声のサロン)

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
新潟市にいらしたらスコーンを召し上がれ
Tel 025-211-7007

スコーンをもっと楽しむセット

●紅茶といえば、スコーン

紅茶といえば、スコーン。

メイフェアでは、アフタヌーンティーやクリームティーなど、スコーンと紅茶を合わせて楽しむセットをご用意しています。

たとえば、こちらの写真。

今の季節においしいリンゴを煮たジャムをのせて、スコーンと紅茶を召し上がれ。

●クロテッドクリームを先にのせるか、後からのせるか

クロテッドクリームとジャムをのせる順序によって、デヴォン式とコーンウォール式の2つのスタイルがあります。

クロテッドクリームを先にのせるのがデヴォン式、後からのせるのがコーンウォール式です。

どちらもそれぞれにメリットと味わいが違うので、両方を試すとおもしろいと思います。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
Tel 025-211-7007

ことば学講座、次回は2月6、8日です

●次回のことば学講座は2月6、8日

こんにちは、ことば学講座講師の齋藤匡章です。

次回(2月)のことば学講座のご案内をしますね。

次回は2月6、8日です。

今のうちにお申込みのお手続きをなさっておいてください。

こちらからどうぞ。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html

うっとりリラックスで気持ちいい

アフタヌーンティーを楽しむのと同じように、リラックスの気持ちよさを味わいましょう。

※ことば学講座とは

ことば学講座は、言葉というツールを使いこなすための「大人の言葉レッスン」です。

最新の言語心理学の成果を取り上げつつ、実際に「使える」技として言葉や発声、論理、意識コントロール、トランス技法(瞑想)、身体操作などをトレーニングします。

会場は新潟(新潟市中央区上近江)と東京(東京都江東区深川)です。

言語力を高め、意識の達人になって、気持ちいい毎日を過ごしましょう。

https://wsi-net.org/kotoba.html (ことば学講座)

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
Tel 025-211-7007

紅茶の味わい方

●紅茶をじっくり味わう時間

昨日はバレンタイン・アフタヌーンティーの初日でした。

さっそく初日に楽しんでくださった方もいらっしゃいましたね。

今度メイフェアに行く日の楽しみ、と話していた方もいます。

いつも楽しんでくださり、ありがとうございます。

紅茶をのんびり味わう時間って、イイですね。

紅茶は味も香りも繊細なので、味わい方を知った人だけがわかる、知る人ぞ知る気持ちよさですね。

子どものうちは、ハンバーグとかカレーとか、わりと強めのハッキリした味を好みますが、大人になるにつれて繊細な喜びがわかってくる気がします。

私も紅茶の味わい方がわかるようになってきたかな、と感じたのは、紅茶を飲み始めて15年ぐらいしてからでした。それまではただがぶ飲みしていただけで、味も香りもよくわかっていなかった。

といって、今は十分にわかるのかというと、これから5年後か10年後になって今を振り返り、「まだちっともわかっていなかったな」と感じるのかもしれません。

そんな深く長い楽しみ方ができるのは、紅茶ならではですね。

●紅茶の世界にどっぷり浸かって味わおう

今度、紅茶にどっぷり浸かってみましょう。

紅茶の入ったティーカップを手にしたら、紅茶の色を目で味わって、紅茶の世界に吸い込まれるようにどっぷり浸かる。

次に、香りを深く吸い込んで、体に沁みわたるのを感じる。

最後に、口に含んで、紅茶の世界ですべてを味わい尽くす。

醍醐味とはまさにこのことと、きっとうっとりしますよ。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
Tel 025-211-7007

今日から「バレンタイン・アフタヌーンティー」

●バレンタインまでは日数が少ないので

なんと今日から、バレンタイン・アフタヌーンティーを始めます。

バレンタインデーまでの期間限定なので、2月に入ってからだとあっという間に終わってしまいます。

とっても楽しそうなアフタヌーンティーができたので、長めに楽しんでいただけるように、早めにスタートすることにしました。

よかったら、この週末にでもどうぞ。

お時間の許すかぎり、のんびりゆったり寛いでくださいね。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
Tel 025-211-7007

スイートポテトとアッサム紅茶のセット(フェルマータ)

●さつまいもの栄養もたっぷり

スイートポテトはお好きですか?

私は大好きです。

寒い季節には、特にイイですね。

同じようにお好きな方が多いのか、この時期フェルマータでは「スイートポテトとアッサム紅茶のペアリングセット」が人気です。

食物繊維たっぷりの自然な甘さが、健康にもよくて、うれしい。

アッサム紅茶の味と香りを堪能しながら、のんびり過ごしましょう。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
Tel 025-211-7007

今年初回の「ことば学講座」はトランス能力を高めます

こんにちは、「ことば学講座」を担当している、心理言語学の齋藤匡章です。

これからお申込みの方はこちらからどうぞ。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html (ことば学講座)

新潟会場(フェルマータ)は1月16日(木)、東京会場は18日(土)です。

もう今週ですね。

今年の一回目は、充実の一年にするために大事な回なので、「トランス能力」(変性意識状態)をテーマに取り上げます。

遠方にお住まいなどの理由で普段なかなか参加できない方も、できれば「トランス」の回はがんばって参加して、身につけた「言葉と意識のコントロール技法」を日々の生活に活かしてください。

達成したい目標、叶えたい夢がある方は、トランス能力を高めて時間とエネルギーをサクッと節約しましょう。

●夢が叶うかどうかはトランス能力次第

「どうしてトランス能力が大事なんですか?」と時々聞かれます。

「潜在意識と関係があると読んだことがありますが、どういう意味ですか」とも。

私たちの意識には、顕在意識と潜在意識があります。

顕在意識の力を1とすると、潜在意識の力は100万とも言われます(処理できるデータ量換算による)。

がむしゃらにがんばって夢に向かうのは顕在意識なので、1の力。

トランス能力を身につけて潜在意識を使えるようになったら、100万の力。

この差では、勝負は最初から見えていますね。

とすれば、夢が叶うかどうかはトランス能力次第といえるでしょう。

トランス能力を高めると、潜在意識をフル活用できるようになります。

つまり、最小の力で最大の成果を上げるのが、トランス能力です。

●「つらい毎日」と「気持ちいい毎日」の差

がんばっているのに毎日がつらい方、顕在意識だけでがんばっていませんか?

自分の中に100万の力が眠っているのに、1の力だけでがんばろうとするのは、努力は尊いとはいえ、もったいない。

喩えるなら、新幹線に乗れば新潟から東京まで2時間で着くのに、徒歩にこだわって「がんばっていれば、いつかは着くはず」と、とぼとぼ歩いているようなもの。

いつかは報われるかもしれませんが、いつになるかはわからない。

しかも、新幹線の切符がポケットに入っているのに。

自分の中に能力が眠っているとは、そういうことです。

トランス能力の有無は、「つらい毎日」と「気持ちいい毎日」の差になります。

今年は、あなたが「気持ちいい毎日」に入っていく年にしましょう。

あなたの力をグイっと引き出す、ことば学講座です。

これからお申込みの方はこちらからどうぞ。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html (ことば学講座)

※ことば学講座とは

ことば学講座は、言葉というツールを使いこなすための「大人の言葉レッスン」です。

最新の言語心理学の成果を取り上げつつ、実際に「使える」技として言葉や発声、論理、意識コントロール、トランス技法(瞑想)、身体操作などをトレーニングします。

会場は新潟(新潟市中央区上近江)と東京(東京都江東区深川)です。

言語力を高め、意識の達人になって、気持ちいい毎日を過ごしましょう。

https://wsi-net.org/kotoba.html (ことば学講座)

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
Tel 025-211-7007