スコーンの食べ方

●英国式スコーンの食べ方

メイフェアにいらしたら、スコーンを召し上がる機会が多いでしょう。

アフタヌーンティーにしても、クリームティーにしても、スコーンは欠かせない存在です。

スコーンは、

・クロテッドクリーム
・ジャム
・紅茶

この3者と合わせたときに、完成します。

①熱々のスコーンをパカッと割る

熱々の焼きたて、または温めたてのスコーンを、横半分に割ります。

イイ感じに焼けたスコーンは、よく膨らんで、「狼の口」に喩えられる割れ目がパックリとできています。

そこを割るのがコツです。

②クロテッドクリームを厚めにのせる

スコーンと紅茶のティータイムが「クリームティー」と呼ばれるのは、クロテッドクリームがたっぷりあるから。

遠慮せずにたっぷりのせると、おいしくなります。

スコーンの本場でも、「スコーンを食べるときはカロリーは気にしない」なんて言われるくらい、クロテッドクリームをうっすら塗るくらいではもったいない。

かたまりでボンとのせるくらいに、大胆にいきましょう。

③ジャムをのせる

クロテッドクリームがスコーンの熱でじゅわっと溶けかけたところに、好きなジャムをのせます。

今回は定番の苺ジャムです。

※クロテッドクリームとジャムが逆のコーンウォール式

スコーンの食べ方にも地域差があって、特に「クロテッドクリームとジャムの順序」で2つのスタイルに分かれています。

上でご紹介した、クロテッドクリームを先にのせ、ジャムを後からのせるのは、デヴォン・スタイル。クロテッドクリームがスコーンの熱でジュワーッととろけるのが最高ですね。

それに対して、ジャムを先にのせて、スコーンの熱にクロテッドクリームが当たらないようにするのが、コーンウォール・スタイルです。

時間が経ってもダラダラと溶けることなく、食べやすい状態が長持ちするので、立食パーティーなどに適しています。

上手に使い分けましょう。

ああ、どちらも魅力的……

④紅茶ですかさず追いかける

さて、ここからが「スコーンの食べ方」の最重要段階です。

クロテッドクリームとジャムがのって、準備が整ったスコーンを手に持ったら、ガブリとかぶりついて、すかさず紅茶を口に含みます。

「スコーンを食べ終えてから紅茶」ではなく、「スコーンと同時に紅茶」です。

口の中にスコーンと紅茶が同時に存在する時間を確保することこそ、「スコーンのおいしい食べ方」の最大のコツです。

紅茶の熱でクロテッドクリームがさらに溶け、紅茶の水分で「スコーン、クロテッドクリーム、ジャム、紅茶」という4つの要素が溶けあい、最高のハーモニーが生まれます。

「スコーンはパサパサするから好きじゃない」「固くて食べづらい」という方は、たぶんスコーン自体のせいではなくて、「紅茶で後追い」をしていないだけだと思います。

スコーンは単独ではまだ未完成で、紅茶と同時に口に入れて、初めて完成する食べ物です。

スコーンをガブリ、紅茶で追いかける、ハーモニーを堪能する。

またスコーンをガブリ、紅茶で……この繰り返しで、大きめのスコーンでも4~5口であっという間になくなってしまうでしょう。

「ああ、もっとじっくり食べたかったのに」と後悔するくらいパクパク食べるのが、スコーンの醍醐味です。

●スコーンキャンペーンならご自宅でも

今メイフェアでは、例によってスコーンキャンペーンを実施中です。

ご自宅でもスコーンをたっぷり楽しみましょう。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
Tel 025-211-7007

スコーンの食べ方」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。