今年初回の「ことば学講座」はトランス能力を高めます

こんにちは、「ことば学講座」を担当している、心理言語学の齋藤匡章です。

これからお申込みの方はこちらからどうぞ。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html (ことば学講座)

新潟会場(フェルマータ)は1月16日(木)、東京会場は18日(土)です。

もう今週ですね。

今年の一回目は、充実の一年にするために大事な回なので、「トランス能力」(変性意識状態)をテーマに取り上げます。

遠方にお住まいなどの理由で普段なかなか参加できない方も、できれば「トランス」の回はがんばって参加して、身につけた「言葉と意識のコントロール技法」を日々の生活に活かしてください。

達成したい目標、叶えたい夢がある方は、トランス能力を高めて時間とエネルギーをサクッと節約しましょう。

●夢が叶うかどうかはトランス能力次第

「どうしてトランス能力が大事なんですか?」と時々聞かれます。

「潜在意識と関係があると読んだことがありますが、どういう意味ですか」とも。

私たちの意識には、顕在意識と潜在意識があります。

顕在意識の力を1とすると、潜在意識の力は100万とも言われます(処理できるデータ量換算による)。

がむしゃらにがんばって夢に向かうのは顕在意識なので、1の力。

トランス能力を身につけて潜在意識を使えるようになったら、100万の力。

この差では、勝負は最初から見えていますね。

とすれば、夢が叶うかどうかはトランス能力次第といえるでしょう。

トランス能力を高めると、潜在意識をフル活用できるようになります。

つまり、最小の力で最大の成果を上げるのが、トランス能力です。

●「つらい毎日」と「気持ちいい毎日」の差

がんばっているのに毎日がつらい方、顕在意識だけでがんばっていませんか?

自分の中に100万の力が眠っているのに、1の力だけでがんばろうとするのは、努力は尊いとはいえ、もったいない。

喩えるなら、新幹線に乗れば新潟から東京まで2時間で着くのに、徒歩にこだわって「がんばっていれば、いつかは着くはず」と、とぼとぼ歩いているようなもの。

いつかは報われるかもしれませんが、いつになるかはわからない。

しかも、新幹線の切符がポケットに入っているのに。

自分の中に能力が眠っているとは、そういうことです。

トランス能力の有無は、「つらい毎日」と「気持ちいい毎日」の差になります。

今年は、あなたが「気持ちいい毎日」に入っていく年にしましょう。

あなたの力をグイっと引き出す、ことば学講座です。

これからお申込みの方はこちらからどうぞ。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html (ことば学講座)

※ことば学講座とは

ことば学講座は、言葉というツールを使いこなすための「大人の言葉レッスン」です。

最新の言語心理学の成果を取り上げつつ、実際に「使える」技として言葉や発声、論理、意識コントロール、トランス技法(瞑想)、身体操作などをトレーニングします。

会場は新潟(新潟市中央区上近江)と東京(東京都江東区深川)です。

言語力を高め、意識の達人になって、気持ちいい毎日を過ごしましょう。

https://wsi-net.org/kotoba.html (ことば学講座)

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
Tel 025-211-7007

毎日を快適にする言葉とは(ことば学講座で瞑想)

●今、快適ですか?

こんにちは、ことば学講座の齋藤匡章です。

今年の「ことば学講座」のテーマは、「快」。

そう、「今月の」ではなくて、「今年の」で間違いありません。

これからたっぷりと、毎日の生活を「快」でいっぱいにするための学習やトレーニングをしていきます。

中でも、言葉。

頭の中に浮かぶ言葉によって、快適さや生きづらさが決まるので、言葉のコントロールは大事です。

生活していて感じる「快不快」は、意識の中にある「言葉」によって決まります。

同じ仕事でも、「これこれこういう理由で、大事な仕事だ」「この仕事はこれに役立っている」とわかっていれば、意欲的に取り組める。

「なんで私がこんなことしなきゃいけないの?」という思い(言葉)があるとしたら、同じことをして同じ時間を過ごしていながら、つらい。

同じケーキを食べるのでも、「ああ、おいしい。体が喜んでいるなあ」と思いながら食べるのと、「ダイエットしてるのに、また食べてしまった……私はダメな人」と思いながら食べるのでは、喜びがぜんぜん違う。

といっても、無理やり「ポジティブに考えるように努力する」だけでは、「だってネガティブな考えが出てきちゃうんだもん」から先へは行けません。

そこで役立つのが、おなじみ、瞑想です。意識状態のコントロールと同時に言葉のコントロールを身につけると、現状を打破して毎日を「快」で満たせるようになります。

しかも、その「快」のレベルがどんどん向上していく。

やっぱり気持ちいい毎日がいいですよね。

瞑想は習慣になりましたか?

2020年最初のことば学講座は、もう今週です。

1月16日(木)が新潟会場、18日(土)が東京会場。

これからお手続きをなさる方は、こちらのページからどうぞ。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html (ことば学講座)

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
Tel 025-211-7007

今週は声のサロン、ヨガ教室、キッズボイス、いけばな教室(FCCフェルマータカルチャークラブ)

●楽しい講座がめじろ押し

今週末は、年明け最初の講座(FCCフェルマータカルチャークラブ)がめじろ押しです。

話し方発声ボイストレーニング教室の「声のサロン」、ヨガ教室(リセットヨガ)、小中学生向けの発声話し方教室ボイスアカデミー、いけばな教室です。

良い一年にするために、良いスタートを切りましょう。

【声のサロン】
良い声で話せるようになるボイストレーニング話し方教室(新潟市)
日本発声協会が認定する話し方発声法の基本、共鳴発声法が学べる。
ウクレレ教室と化すウクレレタイムあり。
平日コースと週末コース、それぞれ月2回ずつ

新規に受講をご希望の方は、事務局(メイフェア)までお電話(025-211-7007)で
詳しくはこちら
   ↓
https://kotoba-strategy.com/

【ボイスアカデミー】
キッズボイス。小中学生のためのコミュニケーションスクール
講師:浅井奈津子(認定1級ボイストレーナー)
日時:第1、3土曜日16:00~16:45
対象:小中学生
詳しくはこちら
   ↓
https://voice-ac.com/kids/index.html (キッズボイス)

【リセットヨガ教室】
深い呼吸と動きに集中することで、あるがままの自分と向き合い、深くリラックス。どなたでも安全に楽しんでいただける、やさしいヨガレッスン(新潟市中央区)
講師:笹川亜美(全米クリパルセンター公認ヨガ教師)
日時:金曜日夜クラス、土曜日朝クラスがあります。詳しくはイベントカレンダーでご確認ください。
月謝:4,000円(+税)
持ち物等:ハンドタオル、水分補給、動きやすい服装

※ご予約は会場までお電話でお願いします。
 フェルマータ……025-290-7227

【朝のいけばな教室】
草月流いけばな師範が丁寧に指導する、日曜朝のいけばな教室(新潟市中央区)。月1回のお稽古なので、ゆったりしたペースて楽しみながら上達していけます。
講師:本庄雅香(草月流師範)
月謝:3,000円+税(別途花代:1,200円前後)
会場:フェルマータ2階
お稽古:毎月1回、第1日曜日(上旬クラス)または第3日曜日(下旬クラス)
※月1回のメールレッスンつき

※習ってみたい方は会場のフェルマータ(025-290-7227)までお電話でお願いします。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
Tel 025-211-7007

今日は「声のサロン」(話し声のボイストレーナーになろう)

●「ウクレレ練習の継続」を願い事に

今週はフェルマータで、久しぶりの声のサロンですね。

今日は平日コースの日です。

年末年始の特別レッスンが出ていましたね。発声トレーニング、ウクレレ弾き歌い練習など、十分にできましたか?

ご両親も一緒にウクレレを始めたある受講者は、「初詣で買う破魔矢についている絵馬に願い事を書く」のが元日の恒例行事だそうで、ご両親お二人とも「ウクレレ練習の継続」を願い事の中に書いてくれたと喜んでいました。

ステキですね。

トレーニングなど自分を鍛えたり育てたりすることの「継続」を願い事にするのは、物事がうまくいく人の習慣なのだそうです。


●学んで、習得して、伝える

声のサロン会員は、発声や話し方のトレーニングをじっくり続けているので、いずれは発声や話し方に関して人の役に立つ役割をぜひ担ってください。

話し声のボイストレーナーとなって、声や話し方、プレゼンテーションに悩む人にアドバイスできたらいいですね。

のびのびと気持ちよく話そう。

もうすでに、講座を開いて指導したり、声のサロンで学んだことを職場で部下や後輩に伝えて役立てている方もいますね。

すばらしい「広がり方」だなと思います。

役に立つためには、自分の力量をたゆまず高めていくことが大事ですね。今日もじっくりトレーニングしましょう。

※声のサロンは、良い声で話せるようになる
 ボイストレーニング話し方教室(新潟市)です。
 日本発声協会が認定する話し方発声法の基本、
 共鳴発声法が学べます。
 ウクレレタイムはまさにウクレレ教室です。
 平日コースと週末コースがあり、フェルマータを会場に
 月2回ずつ開催されています。

 新規に受講をご希望の方は、事務局(メイフェア)まで
 お電話(025-211-7007)ください。

 詳しくはこちらから。
    ↓
https://kotoba-strategy.com/

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
Tel 025-211-7007

ウクレレ弾き歌いがこんなに楽しいなんて(新潟市でウクレレを弾こう)

●ナポリターナ弾き歌いをウクレレで

こんにちは、言語戦略研究所の齋藤匡章です。

フェルマータで「声のサロン」(話し声のボイストレーニングレッスン)を担当しています。

今日はメイフェアがお休みなので、のんびりウクレレ弾き歌い(弾き語り)の話でもしましょうか。

声のサロンでウクレレ弾き歌いを取り上げるようになって、約1年。みなさんウクレレにかなり慣れて、馴染んできましたね。

「ウクレレ弾き歌いがこんなに楽しいなんて」
「想像以上にハマりました」
「弾けるようになりたい曲があるんです」

といった声が聞こえてきています。

楽しいでしょう? 私も完璧にハマっているので、「ウクレレは楽しい」と自信をもって断言できます。

●ウクレレの良いところ

ウクレレは、とにかく良いところづくめ。

楽器がコンパクトで軽いが持ち運びが楽で、どこへでも持っていける。

演奏時も体に負担がかからない。

電気が要らないから、いつでもどこでも、屋外でも停電時でも弾ける。

音もそんなに大きくないから、騒音になりにくい。

音が大きくないことは弱点にもなり得るけれど、必要なら電気的に増幅することも簡単。

楽器が比較的手頃な値段で手に入る。

頻繁に弦を張り替えなくても、音がそんなに劣化しないから、手入れが楽。

単音でメロディーも弾けるし、和音を出すのも得意。

立っても座っても弾ける。なんなら横たわっても弾ける。

口を使わない楽器だから、弾き歌いに好都合。

──と思いつくままにウクレレのメリットをいくつか挙げてみましたが、これだけでも「この楽器だって負けていない」というものがあるでしょうか。

私が今までに経験したことのあるほかの楽器を考えると、重くて持ち運びに不便だったり、高価なくせに和音が苦手だったり、口をふさがれるから弾き歌いができなかったり、リズムは刻めてもメロディーや和音は出せなかったり、頻繁に手入れをしないと良い音が保てなかったり。

もちろんそれぞれに素敵な楽器ばかりですが、弾きながら歌う「弾き歌い」(弾き語り)というスタイルを考えると、少ない選択肢の中の一つ、というより堂々トップに君臨するのがウクレレと言えるでしょう。

すでにほかの楽器を弾きこなしている方が、ウクレレ「も」弾けるようになりたいとおっしゃって練習を始めたのも、すごくよくわかります。

長く楽しんでいきましょう。

●ウクレレ検定で必ず弾ける

「声のサロン」にいらしたら、「ウクレレ検定」(ウクレレ入門検定)がありますから、10級から順に受けてみてください。

最初は本当に簡単なレベルから、少しずつ順にレベルアップしていきます。

合格を目指して練習しているうちに、気づけばいつしか、楽器を弾きこなして弾き歌いを楽しんでいる自分に気づく、というステキな検定です。

ウクレレが自分の相棒として馴染んでくるのは、なんともうれしい、満足度の高い経験ですね。

一緒にずっと楽しみましょう。

※声のサロンは、良い声で話せるようになる
 ボイストレーニング話し方教室(新潟市)です。
 日本発声協会が認定する話し方発声法の基本、
 共鳴発声法が学べます。
 ウクレレタイムはまさにウクレレ教室です。
 平日コースと週末コースがあり、フェルマータを会場に
 月2回ずつ開催されています。

 新規に受講をご希望の方は、事務局(メイフェア)まで
 お電話(025-211-7007)ください。

 詳しくはこちらから。
    ↓
https://kotoba-strategy.com/

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
Tel 025-211-7007