玄米の栄養をそっくりいただく玄米ランチ

新潟市で玄米が食べられるランチ


●栄養満点の玄米ランチで元気になろう

玄米は白米(精白米)に比べて栄養が豊富と言われていますね。

どのくらい違うのかというと、たとえば玄米には不溶性食物繊維が白米の4倍、葉酸は3倍以上、カルシウムは2倍以上、マグネシウムは7倍近くと、圧倒的。

白米にはまったく含まれていない水溶性食物繊維やビタミンEも玄米には残っているそうです。

ただし、玄米にもデメリットがあります。食べごたえからわかるように、また食物繊維が豊富なことからもわかるように、「消化しにくい」。

だから、しっかり噛んで食べましょう。

今、メイフェアの玄米ランチは、「冬野菜の肉巻き」です。


* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
日常の動作を最適化して、健康寿命を延ばす方法(オンラインことば学講座)
通る声、届く声が楽に出せる発声法
Tel 025-211-7007


麻婆豆腐

●麻婆豆腐とは

新潟市で玄米ランチの麻婆豆腐

麻婆豆腐の「麻」は中国語で、花椒の痺れるような辛さを意味します。

ちなみに辛さといえば真っ先に思い浮かべるのは唐辛子の辛さでしょう。こちらは「辣」で表され、日本人にはラー油の「ラー」として馴染みがありますね。

麻婆豆腐にはこの2つの辛さが両方とも含まれています。

ということは、麻婆豆腐とは片方の「麻」を使ったネーミングなのか、しかし「婆」はどこから来たのだろうという疑問が出てきそうです。

もともとは辛さとは関係ない「麻」に由来する語源説があります。

19世紀の終わり頃、成都の郊外で飲食店を営む老夫婦の妻「陳劉氏」が、当時は材料が乏しい中ありあわせのもので来客向けに作った豆腐料理が始まりでした。

この妻の顔にはあばた(これが麻と呼ばれる)があり、「陳麻婆」(あばたのある陳ばあさん)と呼ばれていたため、名物となった豆腐料理も「陳麻婆豆腐」と呼ばれるようになりました。

初めは辛さの種類を意味する「麻」ではなかったのですね。

その後、文化大革命後に味によるネーミング「麻辣豆腐」が提案されてみたり、結局は元の「麻婆豆腐」に落ち着いたりといった経緯があるそうです。



●麻婆豆腐のバリエーション

麻婆豆腐は味がしっかりしているので、トマトベースにしたりほかの野菜を入れたり、豆腐をナスにして麻婆茄子にしたりと、さまざまなバリエーションが楽しめます。


1. 根菜と胡麻の麻婆豆腐

ヒリリと辛い人気の麻婆豆腐に、胡麻で栄養を強化。それも、胡麻をパラパラッとかけた程度ではありません。

白ごまはそのままホールで、黒ごまはすって、さらにペーストも追加して、胡麻の栄養をこれでもかというくらい摂取できる麻婆豆腐にしました。

今日から2月20日まで、玄米ランチは「根菜と胡麻の麻婆豆腐」です。


2. 冬野菜の麻婆豆腐




3. トマト麻婆豆腐




4. 夏野菜の麻婆豆腐




5. ひじきの麻婆豆腐




寒い季節には、花椒(花山椒)のヒリリとした辛さがクセになります。

体の中から温まりましょう。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
日常の動作を最適化して、健康寿命を延ばす方法(オンラインことば学講座)
通る声、届く声が楽に出せる発声法
Tel 025-211-7007

1月いっぱいの玄米ランチは「ひじきの煮込みハンバーグ」

●今月末までの玄米ランチ

1月21~31日の玄米ランチは、「ひじきの煮込みハンバーグ」です。

栄養価の高いひじきを入れた、ふっくらやわらかい煮込みハンバーグの上には、野菜たっぷりのあんかけ。

どのくらいやわらかいかというと、ハンバーグを箸でスッスッと切れるくらい。

やわらかいといっても、玄米ランチですから、玄米をしっかり噛んで、栄養を全部摂取しちゃいましょう。

食後には温かい紅茶がつきます。体の芯から温まってくださいね。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
日常の動作を最適化して、健康寿命を延ばす方法(オンラインことば学講座)
通る声、届く声が楽に出せる発声法
Tel 025-211-7007


シチューランチ、今年も始まりました

●2種類のシチューランチで温まりましょう

寒い季節だけ登場するメイフェアのシチューランチ、今年も始まりました。

この時期になると、シチューを目当てに足繁く通う方がいらっしゃるくらい、毎年の人気メニューです。

こちらが玄米ご飯のセット。



こちらはスコーンのセット。



その日の気分でお好きなほうを召し上がれ。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
日常の動作を最適化して、健康寿命を延ばす方法(オンラインことば学講座)
通る声、届く声が楽に出せる発声法
Tel 025-211-7007


今日から玄米ランチは「チキンのトマトクリーム煮」

●12月ラストの玄米ランチは──

今年もいよいよ残り10日。仕事納めに向けての支度に取り掛かっている方が多いのでしょうね。

メイフェアも、今年最後の玄米ランチに入ります。

チキンのトマトクリーム煮です。

大晦日はちょっと早じまいではありますが、でも大晦日まで玄米ランチをご用意しますので、よかったらどうぞ。


●今度の土日はプレゼンテーション講座

今年ももう終わりなんて言いましたが、まだ大きな講座が残っていました。

まさに今年の締めくくりとなる、2日間のプレゼンテーション講座(オンライン)です。

今度の土日(26、27日)ですね。

オンライン講座なので、ご自宅でじっくり勉強、トレーニングして、来年を実り多き一年にしましょう。

【プレゼンテーション講座】(2日間)

日時:2020年12月26、27日 両日とも16:00~19:00
場所:ご自宅でZoomによるオンライン受講
料金:2日間コース10,000円(税込)
講師:齋藤匡章(言語戦略研究所)
内容:説得力が高まるデリバリーの技術。プレゼンテーションの基礎から習える、トレーニングもできる、実践的なプレゼンテーション講座です。

※お申込みは https://voice-ac.com/presentation/ からどうぞ

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
日常の動作を最適化して、健康寿命を延ばす方法(オンラインことば学講座)
通る声、届く声が楽に出せる発声法
Tel 025-211-7007


冬野菜の麻婆豆腐に四川山椒の花椒をかけると……

●20日まで「冬野菜の麻婆豆腐」

今、玄米ランチは「冬野菜の麻婆豆腐」です。

写真ではちょっとわかりにくいかもしれませんが、麻婆豆腐には四川山椒の花椒をかけます。

これがまた、よく合うんです。

鰻の蒲焼などにかけるのは日本の山椒ですが、やっぱり麻婆豆腐なので四川山椒がよく合う。

辛いといっても唐辛子の辛さと違って、いつまでもカッカと後に残らない。

爽やかな辛みがフワーッと香って同時にヒリヒリするのですが、まもなく消えてしまう。

不思議なくらい、潔くスーッと引いていく

花椒の特徴です。

冬は体の中から温まる麻婆豆腐をどうぞ。

20日までです。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
日常の動作を最適化して、健康寿命を延ばす方法(オンラインことば学講座)
通る声、届く声が楽に出せる発声法
Tel 025-211-7007



アールグレイ紅茶とは

●アールグレイ紅茶とは

スコーンBox、人気ですね。

色味が鮮やかで、楽しい気分になりますね。

このBoxは、スコーンのセットというだけでなく、クリームティーを楽しんでいただくためのBoxです。

だから、クロテッドクリームとジャム、そして紅茶まで付いています。

Boxの写真にも写っていますね。アールグレイのティーバッグです。

アールグレイの話をしましょう。

アールグレイというのは、英国の伝統的な紅茶で、柑橘ベルガモットの香りをつけたフレーバーティーです。

といっても、リンゴの香りをつけたアップルティー、桃の香りをつけたピーチティーなどの典型的なフレーバーティーとは分類が違いますね。

紅茶を多く取り揃えた喫茶店などでメニューを見ると、アールグレイはアップルティーやピーチティーの仲間ではなく、どちらかというとダージリンティーやアッサムティーと並べて記載されています。

なぜなのでしょうか。

確かに、茶葉に香りを付けているという意味では、フレーバーティーと呼べます。しかし、「紅茶にこんな香りを付けてみたら、おいしそう、楽しそう」という柔軟な発想でいろいろと作れるフレーバーティーと違って、アールグレイという紅茶には伝統と歴史があります。

一言でまとめるとアールグレイとは、「もともと英国のグレイ伯爵による依頼で作られた、ベルガモットで着香した紅茶」のこと。

伯爵が中国で飲んで気に入ったという紅茶は、現地の龍眼(ライチのような果物)を使って着香していました。

英国で再現しようとしたものの龍眼が手に入らず、代わりにベルガモットを使って作られた紅茶が、依頼者の名前でそのまま「アールグレイ」(グレイ伯爵)と呼ばれ、広まったのでした。

ベースとなる茶葉には、中国の体表的な紅茶としてキームンを使ったようですが、現在ではキームン以外でも、「ベルガモットの香りが付いていればアールグレイ」という定義です。

実際、ダージリンをベースとしたアールグレイもあれば、セイロンティーに着香したアールグレイもあります。

そんな歴史に思いをはせながら、ゆったりクリームティーを楽しむのもいいですね。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
おしるこはやっぱり焼き餅入り(新潟市中央区のフェルマータカフェ)
通る声、届く声が楽に出せる発声法
Tel 025-211-7007


チキンとかぼちゃのフリカッセ(クリーム煮)

●玄米ランチは「チキンとかぼちゃのフリカッセ」

今日から月末までの玄米ランチは、「チキンとかぼちゃのフリカッセ」です。

フリカッセとは、フランスの家庭料理で、クリーム煮のこと。

ハロウィン月間なのでハロウィンにちなんだメイン料理は何かな~と考えたら、カボチャになりました。

とろみのある甘さをお楽しみください。

食後は紅茶でゆったりリラックスですね。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
おしるこはやっぱり焼き餅入り(新潟市中央区のフェルマータカフェ)
通る声、届く声が楽に出せる発声法
Tel 025-211-7007


くるみときのこの味噌煮込みハンバーグ

●10月上旬の玄米ランチ

今月上旬の玄米ランチは、「くるみときのこの味噌煮込みハンバーグ」です。

もうすっかり秋ですが、今年の夏はとっても暑かったので、影響が今頃出てきそうですね。

お疲れではありませんか? しっかり眠れていますか?

玄米でたっぷり栄養を摂って、しっかり休んで、元気に過ごしましょうね。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
おしるこはやっぱり焼き餅入り(新潟市中央区のフェルマータカフェ)
通る声、届く声が楽に出せる発声法
Tel 025-211-7007


今日のメイフェアはお休みです(猫ねこ月間あと1週間)

●猫ねこ月間、残り1週間

今日のメイフェアはお休みなので、猫ねこ月間の限定メニューを再掲載します。

大人気、年に一度の猫ねこ月間も、残すところあと1週間ですね。

【猫ねこアフタヌーンティーセット】



【猫パフェ】



【猫ねこクリームティーセット】



【猫ねこフィナンシェ】



【黒猫クッキー】


* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
ウクレレの弾き語りを楽しむ方法(新潟市中央区)
通る声、届く声が楽に出せる発声法
Tel 025-211-7007