アールグレイを飲むときに

●リ茶ード・トワイニングがんばった

トワイニングといえば、紅茶のメーカーとして有名ですね。

紫のダージリン、赤はイングリッシュブレックファストなどと、缶の色で覚えている方もいらっしゃるでしょう。

そんなトワイニングが、紅茶の歴史の中で知る人ぞ知る活躍をする場面があります。

それは、アールグレイの誕生。

ブタオが扮して、いろいろと試飲しているのが、トワイニング社の4代目社長、リチャード・トワイニングです。

ベルガモットで香りをつけたアールグレイを生み出したのは、グレイ伯爵本人ではなく、依頼を受けたトワイニングでした。

「グレイ伯爵の名前にちなんで名づけられた」ことはよく知られていますが、トワイニングの活躍はあまり意識されませんね。

今度アールグレイを飲むときには、グレイ伯爵と並んでトワイニングのこともチラッと思い出してあげてください。

もしかしたら、紅茶の名前がアールグレイでなく、リチャード・トワイニングにちなんで「リ茶ード」になっていたかもしれません。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
日常の動作を最適化して、健康寿命を延ばす方法(オンラインことば学講座)
通る声、届く声が楽に出せる発声法
Tel 025-211-7007


アールグレイを飲むときに」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。