猫ねこアフタヌーンティーの紅茶で最高のリラックスタイム

●紅茶が体中に行き渡るのをイメージしながら


今月は「猫ねこアフタヌーンティー」の真っ最中ですね。

今日はリラックスがとっても深まる紅茶の飲み方をご紹介します。

ティーポットからカップへと紅茶を注く音を聴きながら、色を目で楽しみます。

イイ色ですね。「イイ色」と感じるのは、私たちの体や心にプラスになる波長を持っている証拠です。

色も、音も、「波」を持っていますね。

ポットからカップに紅茶を注ぐときの音が心地よいのは、その音が私たちの心身にプラスになる波長を持っているから。

色もそう。

「緑色は目に良い」と言いますね。緑色は、私たちの目に見える可視光線の中でちょうど中間的な波長の色なので、ストライクゾーンど真ん中という感じで、目が楽なのでしょう。

紅茶の色は、夕焼けに似ています。

太陽光は白色ですが、夕方になって太陽が低くなると、私たちの目に届くまでに長く大気を通過してくるので、光の成分が変わって(青の成分が減って)赤く見えます。

つまり赤は、日が落ちてきて夜が近づき、「そろそろリラックスの時間ですよ」と私たちに伝える色といえます。

寝る前に青い光を見ると睡眠の質が下がるとされているのは、青の成分は真昼間の証拠だからでしょう。

紅茶も赤だから、紅茶の色を眺めていると、リラックスモードに入ります。

音でもリラックス、色もリラックス。

もうとろとろですね。

そして、いよいよ紅茶を飲みましょう。

このとき、紅茶が口に入って食道を通って胃に入るだけでなく、通り道から外側へと、つまり全身へと感覚が伝わります。

紅茶の熱が伝播していくだけでなく、味を受け取った感覚器官から脳へと信号が送られたり、テアニンなどの成分の影響が全身へと伝わるのは、純粋に身体的な反応ではあるのですが、そう考えると科学的すぎてあまりおもしろみがない。

むしろ「紅茶が全身に行き渡る」とイメージすると、素敵です。

じわ~っと紅茶が全身に浸透して、行き渡ると、爪先から頭のてっぺんまで痺れるくらい気持ちいいリラックスになりますよ。

紅茶を飲みながら、試してみてください。




【猫ねこアフタヌーンティーの内容】

・トラ猫のレモンケーキ
・肉球の紅茶トラ ミルクかん&フルーツ
・もっちり白ネコの黒ごまあん風呂~スコティッシュフォールド風~
・黒ねこアイス
・猫の舌「ラングドシャ』
・猫に小判
・チェシャ猫スコーン~お魚クロテッドクリーム&ジャム~
・サンドイッチ2種類(スモークサーモンやツナやしらすなどのサンドイッチ)
・根っこ入りスープ
・サラダ
・紅茶2種類

3300円(税込)

※9月末までの特別アフタヌーンティーです。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
日常の動作を最適化して、健康寿命を延ばす方法(オンラインことば学講座)
通る声、届く声が楽に出せる発声法
Tel 025-211-7007

猫ねこアフタヌーンティーの紅茶で最高のリラックスタイム」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。