ひな祭りアフタヌーンティーのスコーンはどっちのスタイル?

●スコーンの食べ方は2通り

紅茶好きのティータイムに、スコーンは欠かせませんね。

スコーンと紅茶の簡単なティータイムは、「クリームティー」と呼ばれます。

クリームティーの「クリーム」は、スコーンにのせる「クロテッドクリーム」に由来するわけですが、クロテッドクリームとジャムをのせる順序によって2通りのスタイルに分かれるのでした。

クロテッドクリームを先にのせ、ジャムを後からのせるのが、デヴォン・スタイル。クロテッドクリームがスコーンの熱でジュワーッととろけるのが最高。

ジャムを先にのせて、スコーンの熱にクロテッドクリームが当たらないようにするのが、コーンウォール・スタイル。時間が経ってもダラダラと溶けることなく、食べやすい状態が長持ちするので、立食パーティーなどに適しています。

どっちがどっちだか、混乱して覚えにくいですね。クロテッドクリームが溶けにくくて「こーん」もりのっているのがコーンウォール・スタイルです。

では、ここでクイズです。

くま子の雛祭りアフタヌーンティーのスコーンは、1個を半分に割って、それぞれ「いちごミルクスコーン」と「桜あんこスコーン」になっていました。

このスコーンは、どちらのスタイルだったでしょうか。

ヒントは下の写真。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
Tel 025-211-7007


ひな祭りアフタヌーンティーのスコーンはどっちのスタイル?」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。