葡萄のチーズタルト、また作りました

●葡萄とチーズタルト、相性のチューニング


葡萄のチーズタルトがクセになって、また作りました。

濃厚な甘さの葡萄をチーズタルトに合わせるのは、本当に素敵な体験です。

先日の記事に「ちょうど相性をチューニングしていくような感覚」と書いたら、「相性をチューニングという表現が素敵」とメールをいただきました。

私もそう思います。

相性って、良いか悪いかという見方をされることが多いのですが、楽器みたいにチューニングして合わせていく、という考え方をすると、深みが出る気がします。

もちろん、もともと相性の良いもの同士を選んで、さらにチューニングしていくのだから、最高ですね。

チーズの酸味と葡萄のジューシーな甘さが、最高の相性です。

この週末、よかったらどうぞ。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
日常の動作を最適化して、健康寿命を延ばす方法(オンラインことば学講座)
通る声、届く声が楽に出せる発声法
Tel 025-211-7007


葡萄のチーズタルト、また作りました」への2件のフィードバック

  1. 本当に、素敵な表現ですね。
    葡萄とチーズの最高の相性も味わってみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。