ことば学講座、今日は新潟会場、土曜日は東京会場です

●あなたの生産性も魅力も高める「人類の知恵」とは

こんにちは、言語戦略研究所の齋藤匡章です。

今日は午後7時からフェルマータで「ことば学講座」ですね。

新潟会場が明日の6月6日(木)、東京会場が8日(土)です。

お申込みがまだなら、こちらからお手続きをお願いします。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html (ことば学講座)

今、イイ気分で過ごしていますか?

「気分」って大事ですね。

私たちの生産性も魅力も「気分」に影響されて決まります。

「気分」とは、意識状態、心理状態といった言葉に置き換えてもいい。

気分が晴ればれとして、スッキリノリノリのときは、仕事もはかどるし、そんなときのあなたはとっても魅力的です。

なにより、自分が気持ちいい。

そうでしょう?

気分がむしゃくしゃしたり、イライラしたり焦ったり妬んだりしているときは、仕事は捗らないし、素敵に見えないし、体調が悪くなるし、良いことなど一つもない。

ところで、私たちの気分は、脳内でいじくり回している「言葉」で決まることを、知っていますか?

だから、脳内で動かす「言葉」をコントロールしてやれば、いつも最適な気分でいることができます。

ここまでは、そう難しくありません。これから「脳内のボキャブラリー」をチェックして、整理すればいいだけです。

もっと大事なことがあります。

「今この瞬間の気分を放置しないこと」です。

●良くない気分を放置すると毒を放つ

では、言葉をなんとかすれば気分がよくなるかというと、そう単純ではありません。

すでにイライラしたり焦ったりしているとしたら、その気分は今すぐに改善したほうがいい。

むしゃくしゃしたり、イライラしたり焦ったり妬んだりといった、ネガティブな気分をそのまま放置すると、まるで「悪いものに支配される」かのように、考え方や表情がどんどん悪化していきます。

良くない気分(怒りが典型的です)は、毒を放つのです。

この毒には、周囲の人たちだけでなく、自分自身もやられます。

だから私たちは大昔から、「気分」が生活や人間関係に影響することを知り、意識状態を最適に保つ「意識コントロール」対策を講じてきました。

哲学も宗教も最新の心理学の研究成果も、この問題に取り組み、ある程度の答えを出しています。

人類の重要な活動は、「意識状態」の問題と無縁ではいられなかったわけです。

そんな技を知らず、使いこなさずにいるのは、もったいないと思いませんか?

私自身、30年くらいこの技を使い続け、その間の心理学の成果を反映させて改善を加え、たいへんな恩恵を実感しています。

今回の「ことば学講座」では、人類の知恵ともいえる意識コントロールの技法をしっかり身につけていただきます。

「それ聴いたことある」「知っている」ではなく、「できる」「毎日やってる」人になりましょう。

では、新潟会場は今日の午後7時にフェルマータでお会いしましょう。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html (ことば学講座)

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
Tel 025-211-7007

ことば学講座、今日は新潟会場、土曜日は東京会場です」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。