「声が通る人」になる方法(声のサロン)

●あなたの声、通りますか?

フェルマータで「声のサロン」(大人のための発声話し方レッスン)を担当している齋藤匡章です。

あなたの声は、通りますか?

声が通る」とは、がんばって張り上げなくても、無理なく楽に声が相手のところまで届く、という意味です。

たとえば5人、10人、あるいは30人くらいの人数が目の前にいる場で、全員に確実に聞こえる声が出せるでしょうか。

「おはようございます!」の一言だけなら、簡単です。ちょっとがんばって声を張れば、聞こえないということはないでしょう。

でも、全員に届く声のまま、3分間、いえ、1分間でもいい、話し続けられますか?

こうなると、気合ではなく、発声の「技術」が必要になります。


●相手の反応が変わります

その技術が、共鳴発声法です。

共鳴発声法では、必死に張り上げる大声ではなく、共鳴をコントロールすることによって、技術で声を届けます。

「通る声」と「大声」では、声質がまったく違うのです。

楽に通る声は、聞いていて気持ちいい。出していても気持ちいい。

がんばって届かせた大声は、聞いていて痛々しい。出していてツライ。

それだけではありません。

楽に出している声には、説得力があります。

丁寧に落ち着いて発した声と、うわずって震えたり叫んだりした声とでは、「受け取られ方」が違うのです。

きっとあなたの体験からも、わかるでしょう。

話の内容以前に、声の質によって、しっかり受け取れたり、耳が拒絶してしまったりします。

だから、部下ができたり何人かのスタッフをまとめたり、人前で話したりといった指導的立場になったら、「丁寧に落ち着いて話しているのにちゃんと届く声」を身につけたいのです。

「声のサロン」で共鳴発声法をマスターしてください。

あなたが声を出したときの相手の反応が、確実に変わります。


【声のサロンとは】

声のサロンは、良い声で話せるようになるボイストレーニング話し方教室(新潟市)です。

日本発声協会が認定する話し方発声法の基本、共鳴発声法が学べます。

ウクレレタイムはまるでウクレレ教室のような楽しさです。

平日コースと週末コースがあり、フェルマータを会場に月2回ずつ開催されています。

新規に受講をご希望の方は、事務局(メイフェア)までお電話(025-211-7007)ください。

新潟市で一緒に声のトレーニングをしましょう。

詳しくはこちらから。
   ↓
https://kotoba-strategy.com/ (声のサロン)

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
新潟市にいらしたらスコーンを召し上がれ
Tel 025-211-7007

「声が通る人」になる方法(声のサロン)」への2件のフィードバック

  1. 「丁寧に落ち着いて話しているのにちゃんと届く声」、いつでも出せるようになりたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。