前回の提出課題(文章の書き方講座)

●文章の書き方だけをじっくり鍛える日

こんにちは、言語戦略研究所の齋藤匡章です。

あと4日で、秋の講座(文章の書き方講座、新潟市中央区)ですね。

年に4回、あなたと一緒に文章についてこってり取り組める、貴重な一日を楽しみにしています。

ふだんの生活の中で、こんなにじっくりと文章について、言葉について、時間を取って考えたり悩んだり覚えたりすることって、ないでしょう?

だから、ぜひともこの日(季節の講座)はあらかじめスケジュールに組み込んでおいて、確実に参加して勉強していただきたいと願っています。

先日も、「仕事の休みを申請するので、冬の講座の日程を教えてください」とご連絡をいただきました。

早いですね~。うれしいですね。

その本気がうれしい。

次回は2020年2月29日(土)です。今からスケジュールに入れておいて、確実に参加できるようにしておいてくださいね。

●10年後にも書き続けられる文章力をつけるために

今回の事前課題(ぜひ人に勧めたいこと)は、前回の課題に基づいて設定しました。

前回、講座後にメールで届いた文章を読みながら、文章力をさらに高めるために何が必要か、つまり「今のあなたに必要なトレーニング」として取り出したのが、今回の事前課題です。

当日を含め、もう今日も文章レッスンが始まっているようなものですね。

伝わる文章と、伝わらない文章があります。

その差はどこにあるのか。

言葉の選び方とか、文章の構成(型)とか、漢字と仮名の割合とか、そんなことではない、もっとずっと深いところにある「文章の源泉」に、「伝わる、伝わらない」原因が潜んでいます。

かといって、過激な言葉や刺激的なテーマのインパクトで短期的に注目を集めるような書き方ではなく、10年後にも当たり前のように書き続けている。

そんな安定感のある文章力を育てましょう。

【秋の講座】(文章の書き方講座)
日時:2019年11月23日(土)15:00~20:00頃
場所:フェルマータ(新潟市中央区上近江、025-290-7227)
料金:10,000円(お食事つき)
講師:齋藤匡章(言語戦略研究所)
内容:文章の書き方
文章力は、一生にわたって役に立つ技能です。誰でもタダで平等に使える「言葉」という道具ですが、だからこそ一人一人の言葉の力によって差がつきます。仕事で言葉を使う場面が多い方は、この講座で言語能力を高めて、周囲のみなさまのお役に立ってあげてください。

※お申込みは https://fermata-cafe.com/fer/lesson/seasonal/ からどうぞ

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
Tel 025-211-7007

前回の提出課題(文章の書き方講座)」への2件のフィードバック

  1. 事前課題が出されて、いい感じで負荷がかかりました。
    成長に結びつけられるようにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。