ヨタカ(夜鷹)とは……ヨタカ目ヨタカ科の鳥

●古楽サロン音楽会に、なぜか「ヨタカ」

 

「ヨタカ」(夜鷹)という鳥がいます。

ヨタカ(夜鷹)

古楽サロン音楽会に出てくるので、ちょっと予習しておきましょう。

【第9回古楽サロン音楽会】
日時:2018年11月4日(日)17:30開場、18:00開演(~19:30)
出演:古楽器「エムシュのとびら」とテノール齋藤
内容:チェンバロと朗読
料金:4,320円(お食事付き。中学生以下は半額)
※ご予約はメイフェアまでお電話(025-211-7007)で

「夜鷹」という名のとおり夜行性で、頭部は大きくて扁平。特に口が大きく、嘴の長さは短いのに幅が広い。

この大きな口をガバッと開けたまま飛びまわり、昆虫を捕食します。

体長は30cmほどで、「キョキョキョキョ、キョキョキョキョ」と大きな声で鳴きます。

ヨタカ(夜鷹)

こうして見ると、頭部が扁平で口が横に避けたような形をしているのが最大の特徴といえるでしょう。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
https://salon-mayfair.net/
Tel 025-211-7007

 

ヨタカ(夜鷹)とは……ヨタカ目ヨタカ科の鳥」への5件のフィードバック

  1. 「大きな口をガバッと開けたまま飛びまわり、昆虫を捕食」とは、なかなかワイルドですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。