イタリアンパセリはこれから育ちます

●イタリアンパセリは二年草

昨年の夏に、オマケのハーブ鉢でイタリアンパセリを選んだ方、今はどんな様子になっていますか?

イタリアンパセリは二年草なので、まだこれから新芽がバンバン伸びてきて、食べられます。

二年草とは、一年では株が成熟せず、二年目に花が咲いて種ができるサイクルの植物です。

新潟の冬は雪も積もるので厳しいのですが、それでも無事に冬を越すと、今ごろはこんなふうに新しい葉が出てきます。

これはメイフェア前の鉢です。

真冬はかなり寂しい感じになっていましたが、3月に入って暖かくなってくると、急に元気になってきました。

栄養満点のこのハーブ、生で添えるだけでなく、サラダとしてしっかりした量を食べたり、葉を刻んで卵焼きに入れたり、炒め物に加えたりと、手軽に使って栄養摂取ができます。

葉を食べながら、夏に花が咲いて種が採れるまで、このまま育ててみましょう。

* * *

ぜひこちらからティータイムメールにご登録を → 【ティータイムメールに登録する】

メイフェアとフェルマータに関する情報(紅茶、ケーキ、講座など)をメールでお送りします。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
日常の動作を最適化して、健康になる呼吸法も学べる(オンラインことば学講座)
オンラインで学べる社会人のための話し方発声レッスン
Tel 025-211-7007


イタリアンパセリはこれから育ちます」への2件のフィードバック

  1. ベランダで冬越しして、元気に芽吹いています。
    昨年は観賞用にしていましたが、これから色んな料理に活用するのが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。