多肉植物「不死鳥」の様子はいかがですか?

●多肉植物「不死鳥」の葉の縁に新芽

夏袋のおまけだった多肉植物「不死鳥」は、元気に育っていますか?

メイフェアにある不死鳥の葉の縁には、こんなふうに新芽が付いて、根も出ています。

多肉植物「不死鳥」

この一つ一つが、このまま子株に育つ可能性があるのだから、不思議な植物ですね。

「不死鳥」(ふしちょう)とは、子宝草と錦蝶の交配種で、いかにも縁起の良さそうな名前のカランコエ。

もともと子宝草という植物が持っていた「葉の先に子株ができて新しい株になる」という性質から、まるで炎の中から何度でも蘇る不死鳥のようだと名づけられました。

といっても、土に落ちたら必ず株になるというほど簡単に根付くわけでもなく、苦手な寒い季節を超えて大事に育てる必要があるのですが、ぽろりと落ちて根付いた様子だったら、そのまま育ててみるのも楽しいですよ。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
https://salon-mayfair.net/
Tel 025-211-7007

 

多肉植物「不死鳥」の様子はいかがですか?」への3件のフィードバック

  1. もう根まで出ていて、すごい生命力ですね。
    うちの株からもこんな可愛らしい新芽が生えてくるのかな~楽しみです。

  2. 勢いがありますね。
    うちの不死鳥も元気です。
    葉っぱの先に新芽がつくのを楽しみに、生長を見守ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。