最適な動作を言語化していこう(オンラインことば学講座)

●言語化できれば、動けるようになる

肩甲骨を大きく動かせますか?

あなたの肩甲骨は、今よりもっと自由に動きます。

次回のオンラインことば学講座で取り上げるので、楽しみにしていてください。

肩甲骨が自由に動かず、固まってしまうと、どうなるか。

ちょうど昨日、お世話になっている理容師が五十肩の話をしていました。

肩コリとか体が固いとか、そんなレベルではない。腕が痛みでまったく上がらなくなるトラブルです。

予防法としては、大きな可動域で肩関節を動かしていれば、動作によって関節包が大きくなり、痛みやトラブルを生じにくくなるとされています。

といっても、そもそも肩関節がどうなっているか、肩甲骨がどこにあるかもわかっていない方が多い。

どこにあってどうなっているかわからないものを、うまく動かせるはずもありませんね。

股関節と同じです。股関節の位置を身体感覚でわかっていれば、股関節が上手に使えるし、全身の柔軟性も高まるのに、肘や膝と違って体の内部にある関節なので、「ここ!」とわかりにくい。

肩はそこまで内部ではないけれど、肩甲骨は背中側にあって自分では見にくいので、動かせているかどうかも確信が持てない。

次回、肩甲骨まわりの部位と動かし方を言語化していきます。

言語化すれば、使いこなせるようになるのは、一つの原理原則といえます。

あらゆる動作を最適化していきましょう。

次回のオンラインことば学講座は、7月11日(土)17:00におこないます。

Zoomで実施しますので、準備をしてお待ちください。

お申込みはこちらのページからどうぞ。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html (ことば学講座)

一生付き合う自分の体ですから、いつまでも快適に使い続けたいですね。

大丈夫です。体の上手な使い方が身についていれば、少しでも負担の軽い、少しでも痛みの少ない、楽な動作で動くことができます。

それでは、次回のオンラインことば学講座でお会いしましょう。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html (ことば学講座)

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
ウクレレの弾き語りを楽しむ方法(新潟市中央区)
通る声、届く声が楽に出せる発声法
Tel 025-211-7007

最適な動作を言語化していこう(オンラインことば学講座)」への2件のフィードバック

  1. 肩甲骨まわりが柔らかくなってきたようで、動いていて気持ちいいです。
    「言語化」で、あらゆる動作を最適化していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。