古楽サロン音楽会、もうすぐ満席

●2019年11月3日は古楽サロン音楽会

チェンバロや古い歌を聴きながらお食事を楽しむ「古楽サロン音楽会」まで、あと1ヶ月ちょっととなりました。

11月3日(日)です。

残りのお席がわずかなので、そろそろお急ぎください。

出演は、古楽器「エムシュのとびら」(チェンバロ)とテノール齋藤。

今年は「日本の歌をチェンバロで」お届けします。

日本の歌には、「聴く者に時空を行き来させる」という効果があります。

時間と空間を行ったり来たりさせるパワーです。

そんなタイムマシンのような不思議なパワーを、この日たっぷり味わいましょう。

●チェンバロと声は、合う

チェンバロと声って、相性がいいなあと感じます。

ピアノの伴奏で歌を歌う場面はたくさんありますが、チェンバロと歌ってあまりない。

実際に合わせてみると、チェンバロと声とが会話をしているというか、掛け合いをしているというか、そんな感じ。

人の声に近いと言われる楽器として、チェロやサックスが挙げられることがありますが、チェンバロは人の声にはぜんぜん似ていない。

なのに、合う。

似ていないからこそ、お互いに干渉して打ち消し合ったりせず、引き立て合う関係になれるのかもしれませんね。

【第10回古楽サロン音楽会】
日時:2019年11月3日(日)17:30開場、18:00開演(~19:30)
会場:英国紅茶サロン メイフェア(新潟市中央区寄居町)
料金:4,000円(+税)(お食事付き。中学生以下は半額)
出演:古楽器「エムシュのとびら」(チェンバロ)とテノール齋藤
https://mf07.com/early_music.html
内容:日本の歌をチェンバロで

※ご予約はメイフェアまでお電話(025-211-7007)で

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
Tel 025-211-7007

古楽サロン音楽会、もうすぐ満席」への3件のフィードバック

  1. 日本の歌をチェンバロで、素敵ですね。そこに声がどんなふうに入ってくるのか、楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。