今日はウクレレ教室(新潟市)

●Vieni sul mar(海に来たれ)

こんにちは、ウクレレ教室のウクーレ齋藤です。

先日のお茶会で「Vieni sul mar」(海に来たれ)をご紹介したところ、お渡しした楽譜を見ながらウクレレを練習してみた、というメールが届きました。

いいですねえ。ウクレレは楽しいですね。ぜひたっぷり楽しみましょう。

「Vieni sul mar」をウクレレでソロ演奏するための練習方法を書いておくので、よかったら参考にしてみてください。

●単音でメロディーを弾く

まず、楽譜を見ながら単音でメロディーを拾います。

楽譜には前奏も入っていますが、ここは難しいので後回しにして、歌が始まるところから弾くのがいいでしょう。

何度か繰り返し弾いて、メロディーを覚えます。慣れてきたら、3拍子を正確に感じながら、ノリながら弾きましょう。

●コード進行をチェック

次に、コード進行をざっと確認しましょう。

出だしはしばらくCなので、楽ですね。最初のフレーズの最後だけG7になって、また次のフレーズはCから始まります。

たっぷり練習して覚えたメロディーは、鼻歌か、できるならうっすらと歌詞を口ずさみます。「ラララ~」でもいい。

いきなり歌詞で歌うのは難しいですね。Cで1小節1ストロークでポロロンと鳴らしながら、「ララ ラララ ラララ ララ~」と適当に歌うのがいいでしょう。

E7が出てくるあたりからしばらくのところが少し難しいので、何度も繰り返しましょう。

●メロディーとコードを合わせる

メロディーとコード進行がわかったら、いよいよ両方をウクレレで弾きます。

メロディーを弾きながら、そこにコードストロークを重ねていきます。この曲ではだいたい「1小節1ストローク」が合います。

小節の頭(1拍目)でメロディーとコードストロークを同時におこないます。

このとき、メロディーの音が最高音になるように弾いてください。

たとえば、歌が始まる最初のところはアウフタクトなので、3音目が小節の頭になりますね。そこのコードはCですが、メロディーはミ(2弦の開放)なので、ストロークは2弦で止めて、1弦は弾きません。

私たちの耳は高い音ほど敏感にキャッチするので、メロディーより高い音を出してしまうと、そちらが目立ってメロディーが違って聞こえてしまうからです。

──ということで、今日はこちらのブログにおじゃまして、ウクレレ教室をしてみました。

※声のサロンは、良い声で話せるようになる
 ボイストレーニング話し方教室(新潟市)です。
 日本発声協会が認定する話し方発声法の基本、
 共鳴発声法が学べます。
 ウクレレタイムはまさにウクレレ教室です。
 平日コースと週末コースがあり、フェルマータを会場に
 月2回ずつ開催されています。

 新規に受講をご希望の方は、事務局(メイフェア)まで
 お電話(025-211-7007)ください。

 詳しくはこちらから。
    ↓
https://kotoba-strategy.com/

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
Tel 025-211-7007

今日はウクレレ教室(新潟市)」への2件のフィードバック

  1. メロディが覚えやすくて、素敵な曲ですね。
    手順に沿ってやってみようと思います。

  2. ウクレレ教室、ありがとうございます。
    ソロ演奏ができるようになったら、弾き歌いにも挑戦してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。