墨烏帽子(サボテン)の増やし方

●サボテン(墨烏帽子)を増やしてみます

昨日から夏袋のお渡しが始まりました。

タルトや夏ケーキや紅茶など、夏の終わりを楽しむためのアイテムがいっぱい。

オマケの植物もお持ち帰りくださって、ありがとうございます。

ハーブが予想以上の人気で、ちょっとした驚きでした。

こうしてみなさんと一緒に植物を育てるのは、とっても楽しいんです。

そこで、フェルマータにあるサボテン「墨烏帽子」(すみえぼし)を増やしてみることにしたので、よかったらお付き合いください。

墨烏帽子は、トゲがないウチワサボテンの一種です。

トゲの生える部分(棘座、とげざ)はあるのですが、トゲが生えません。生えたとしても、指で触るとポロポロ落ちてしまうくらい脆い。

だから、とっても安全なサボテンです。

こんなふうに脇から芽が出てきて上に伸びていくので、その形から「バンザイサボテン」なんて呼ばれることもあります。

楽しそうですね。

ボーンと細長く伸びた墨烏帽子を一本、取り出しました。

これをカッターで適当に、今回は6~7cm程度にカットします。

このまましばらく置いておいて、乾かします。

ほかの植物を挿し木にする場合、すかさず水や土に挿すものですが、サボテンなど多肉植物はこのまま日陰に放置しておいて、切り口が乾くまで置いておきます。

新聞紙に「上 下」と書いてあるのは、サボテンの上下がわかるようにするためです。

植え付けるときに、どっち側を土に埋めるのかがわかるように、ですね。

とりあえずこのまま1週間、様子を見てみます。

ということで、今日はここまでです。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
ウクレレの弾き語りを楽しむ方法(新潟市中央区)
通る声、届く声が楽に出せる発声法
Tel 025-211-7007


墨烏帽子(サボテン)の増やし方」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。