今日のウクレレ教室(やっぱり弾き歌い)

●クリスマスソングをウクレレ弾き歌い

さて、今日のウクレレ教室(声のサロン、新潟市のフェルマータ)です。

今月の「声のサロン」では、「きよしこの夜」(Stille Nacht, Silent Night)のウクレレ弾き歌いの復習をしていますね。

欠かさず出席している方も、お仕事や体調でお休みがあった方も、しっかり復習をしておいてください。

クリスマスシーズンに「クリスマスソングのウクレレ弾き歌い」を楽しめるように、あと2曲ほど、易しくて気持ちいい歌をご紹介します。

「歌っていて気持ちいい」って、大事ですよね。

喉を開けて、共鳴をはっきり捉えながら、気持ちよく歌える曲を厳選して取り上げますから、たっぷり練習してレパートリーに加えましょう。

●ウクレレ弾くなら、歌わなきゃ

今日は「ウクレレ教室」というタイトルで始めたので、ウクレレの弾き歌い(弾き語り)について少しお話しします。

ウクレレといえば、弾き歌い(弾き語り)です。

楽器を自分で弾きながら歌う「弾き歌い」(弾き語り)は、簡単なパフォーマンスではありませんが、ウクレレなら大丈夫。

弾き歌いに最も適した「コードのストローク弾き」はウクレレの得意技だし、それだけではすぐに物足りなくなるので、メロディーを加えてカッコイイ間奏を挿入したり、完全にソロで演奏することもできる。

なにより、ウクレレは楽しい。

ピアノやバイオリンを大人になってから始めるのは、かなりハードルが高くて、3ヶ月も続かずに挫折してしまう人が大半だそうですが(楽器店のスタッフ談)、ウクレレならすぐに「それなりに楽しめる」レベルになります。

そこに自分の「声」を乗せると、これはもう、ホントに「全身で、全存在で、音楽を味わっている」状態になります。

ウクレレを「老後の楽しみ」と話していた方がいました。完全に同感です。私も先日、あるイベントでそんな話をしました。

楽器が小型で軽いから体に負担がかからず、持ち歩きに便利でどこにでも行けて、音量が大きくないから場所も選ばず、電気がなくてもポロロンと音が出せて、弾き歌い(弾き語り)ができる。

こんな楽器、ウクレレ以外に思いつきません。

ギターは上記の条件をわりと満たす楽器ですが、「大きさ」と「簡単さ」において、ウクレレとは勝負になりません。

まあ楽器ですから勝負しなくていいのですが、大人になってから新しい楽器を始めたい方、自分の声と合わせて音楽を楽しみたい方には、ウクレレはイチオシです。

●弦を指ではじくという体験

ウクレレは、弾いていて気持ちいい楽器です。

何が気持ちよさの理由かというと、「弦を指ではじく」楽器だからです。

この点は、ギターも同じですね。すごく気持ちいい楽器だなあと感じます。

ギターやウクレレは、振動する弦が音を生み出します。

その弦を、両手で直接触って演奏するのです。

音の高さを決める左手、弦を振動させる右手。

まるで音を直接触りながら、演奏しているかのよう。

「そんなにめずらしいか?」と一瞬思うかもしれませんが、よくよく考えてみると、ここまで弦を直接操って、いじって扱う楽器は、少ないんですよね。

バイオリンは弓を使うし、ピアノは弦に触らないのが普通だし、アコーディオンやハーモニカも振動するリードに直接触れることはありません。

振動を起こすにも音程を決めるにも、弦に直接指で触れて演奏するという体験は、ギター型の楽器に特有の快感といえるでしょう。

たっぷり楽しみましょう。

●喉の開け方はこちらのページで

先月から引き続いてのテーマ「喉あけ」については、こちらのページに書いてあります。

喉の開け方、共鳴(倍音)のコントロールの仕方について、復習しておいてください。

※声のサロンは、良い声で話せるようになる
 ボイストレーニング話し方教室(新潟市)です。
 日本発声協会が認定する話し方発声法の基本、
 共鳴発声法が学べます。
 ウクレレタイムはまさにウクレレ教室です。
 平日コースと週末コースがあり、フェルマータを会場に
 月2回ずつ開催されています。

 新規に受講をご希望の方は、事務局(メイフェア)まで
 お電話(025-211-7007)ください。

 詳しくはこちらから。
    ↓
https://kotoba-strategy.com/

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
Tel 025-211-7007

古楽サロン音楽会、2席あります

●今度の古楽サロン音楽会、あと2席

満席となっていた今度の古楽サロン音楽会(11/3)に、2席の空きが出ました。

出演は、古楽器「エムシュのとびら」(チェンバロ)とテノール齋藤。

今年は「日本の歌をチェンバロで」お届けします。

満席になったサロン音楽会に空席が出るチャンスはほとんどないので、これは稀なチャンスです。

まだ予約なさっていない方で、11月3日にお越しいただける方、会場のメイフェアまでお電話(025-211-7007)ください。

【第10回古楽サロン音楽会】
日時:2019年11月3日(日)17:30開場、18:00開演(~19:30)
会場:英国紅茶サロン メイフェア(新潟市中央区寄居町)
料金:4,000円(+税)(お食事付き。中学生以下は半額)
出演:古楽器「エムシュのとびら」(チェンバロ)とテノール齋藤
https://mf07.com/early_music.html
内容:日本の歌をチェンバロで

※ご予約はメイフェアまでお電話(025-211-7007)で

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
Tel 025-211-7007

玄米ランチ、今日まで「トマトと南瓜の煮込みハンバーグ」

●明日からの玄米ランチ

玄米ランチは、今日まで「トマトと南瓜の煮込みハンバーグ」です。

ハロウィンにちなんで南瓜の煮込みハンバーグでしたが、明日からはもっとハロウィンに近づくので、「チキンのグリル かぼちゃチーズのハロウィンソース」をご用意します。

やっぱりハロウィンにカボチャは付き物ですね。

ちなみに、中身をくり抜いてランタンなどを作るオレンジ色の南瓜は、食べてもあまりおいしくないんだそうです。

食べるときは、おいしいカボチャのほうがいいですね。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
Tel 025-211-7007

瞑想によって継続力が高まる理由(ことば学講座)

フェルマータでことば学講座の講師をしている齋藤匡章です。

今回の講座は大型台風が関東地方を直撃したタイミングだったので、特に東京会場は日程を変更するなど、バタバタと大変でしたね。

次回の「ことば学講座」は11月7、9日です。

今のうちに下のリンクから次回の申込みをしておいてください。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html (ことば学講座)

●瞑想で何が起こるか

ここしばらく、「瞑想」を取り上げています。今回は瞑想時に浮かんでくる「雑念」に対処する方法でした。

台風が通り過ぎた後にこんなメールも届きました。台風の真っ最中に瞑想をしたそうです。

風の音が激しくて少し怖かったですが、
トレーニング中は音が耳に入ってこなくなって
いつも以上に集中することができた気がします。

いいですねえ。集中力は瞑想によって手に入る、たいへん有用な能力です。

瞑想によって頭の中が静かになると、集中力が高まります。

雑念で賑やかなうちは、騒々しい工事現場で読書しようとしているようなもので、集中できません。

雑念が去って静かになると、静かな図書館やカフェで読書しているようなもので、最高に集中できる。

しかも、長く気持ちよく読書ができる。

そう、「長続きする力」も、瞑想で手に入る能力です。

継続力ですね。

物事を続ける力を高めたい方は、ぜひこの瞑想法をマスターしてください。

来月は、瞑想による継続力アップについて取り上げます。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html (ことば学講座)

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
Tel 025-211-7007

だいしホールで演奏する演奏者を募集しています(新潟ガラコンサート)

●第5回新潟ガラコンサート、出場者の募集を開始しました

こんにちは、メイフェアです。

メイフェアが後援しているクラシック音楽の祭典「新潟ガラコンサート」が、次回の出演者募集を始めました。

2020年4月25日(土)、会場は音響が最高にすばらしい「だいしホール」です。

https://mf07.com/gala_concert.html (新潟ガラコンサート)

新潟ガラコンサートの出演資格は「新潟にゆかりのある音楽愛好家」。

新潟に現在お住まいの方だけでなく、親戚が新潟にいらっしゃる方や、かつて新潟に住んだことのある方、お仕事で時々来県なさる方も、新潟にゆかりのある方です。

「メイフェアで時々アフタヌーンティーを楽しむ」方だって、新潟にゆかりのある方といえるでしょう。

・プロ、アマ問わずクラシック音楽の演奏家、愛好家
・県内で演奏活動をしている
・演奏を聴いてもらう場を増やしたい
・教室の発表会以外に、もっと広く演奏を披露したい
・音響の良いコンサートホールを独り占めして演奏してみたい

こんな方にオススメのステージです。

リハーサル時間を含め時間的な都合から、出場者数には上限があるので、お早めにお申込みください。

詳しい説明はこちらのページにあります。
   ↓
https://mf07.com/gala_concert.html (新潟ガラコンサート)

同じページの下部にあるフォームからお申込みもできます。

曲目や伴奏者が決まっていない場合は、先に枠を押さえておいて、正式に決まってから同じフォームで再送いただけば結構です。

それでは、地域の皆さまに素敵なステージを披露しましょう。

まだ曲目を最終確定していない方のほうが多いでしょうから、とりあえず適当な曲名や伴奏者名を(あるいは「未定」と)入力しておいて、あとからいくらでも変更してくださって結構です。

日時:2020年4月25日(土)13:00開演
会場:だいしホール(第四銀行本店内)
   新潟市中央区東堀前通7-1071-1
料金:1枠10000円、詳細は https://mf07.com/gala_concert.html
主催:新潟ガラコンサート実行委員会
   951-8113 新潟市中央区寄居町343-38
   Tel/Fax 025-211-7007
後援:(社)日本発声協会、英国紅茶サロンメイフェア

【フォームへの入力項目】
●お名前:
●メール:
●電話:
●楽器(ピアノ、声楽など):
●曲目(作曲者名までお願いします):
●伴奏者名:

ページが開けなかったり、フォームが動かなかったりした場合は、メールで以上6項目をお送りください。

このメールに返信くだされば届きます。

それでは、地域の皆さまに素敵なステージを披露しましょう。

第4回(2019年)新潟ガラコンサートの様子

【新潟ガラコンサートとは】

新潟ガラコンサートは、地域の文化・芸術の振興を目的とするクラシックコンサートです。
新潟に在住の、あるいは新潟にゆかりのある音楽愛好家(プロ、アマを問わず)が出演するガラコンサートで、クラシック音楽に気軽に触れる機会を地域のみなさまに提供できればとの思いから、入場無料の当コンサートが始まりました。

【プログラム例】(過去の演奏曲の一部です)
・E.de クルティス作曲『忘れな草』
・ドニゼッティ作曲 歌劇アンナボレーナより『私の生まれたあのお城』
・E.di カプア作曲『私の太陽』
・S. ラフマニノフ作曲『ヴォカリーズ』
・グルック作曲『ああ私の熱情の』
・ドビュッシー作曲『月の光』
・ヘンデル作曲『オンブラ・マイ・フ』
・S. ローザ作曲『近くにいることは』
・ヴィヴァルディ作曲『まことの安らぎはこの世にはなく』……

【当日の入場は無料です】
会場費を含む運営費用をすべて有志出演者が負担することで、入場無料のコンサートを実現しています。
出演者は、プロの演奏家から音楽教室の先生、クラシック音楽愛好家まで、さまざまです。
「クラシック音楽を県民が気軽に楽しむ新潟」として盛り上げていただけたらと願っています。

* * *

英国紅茶サロン メイフェア
新潟県新潟市中央区寄居町343-38(古町エリアのカフェ)
(地図はメニュー「アクセス」から)
イベントカレンダーはこちら
Tel 025-211-7007